RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
上海地区2013年医師資格試験申し込み始まる
 春節明けから、病院ごとの培訓が始まって、すでに周知かと思うけれど、
念のために書いておく。

今年も、医師資格試験の申し込みが始まった。
http://www.smhb.gov.cn/website/b/82866.shtml
衛生部のサイトによれば、2月27日9時からから3月15日24時までがネットでの申込期間で、
3月18日から29日の間の指定された時間に青海路に書類を持って申し込みに行く。
これは、資格試験の区分ごとに青海路での申込の日が分けられていて、
去年はこれを確認しないで初日に行ってしまい、すごすご戻ってきた人もいたらしい。

アタシたちみたいに、決められた日に行ったにもかかわらず、
不要と言われていた書類がいきなり必要だと言われて、
大慌てで学校に書類を作りに行ったこともあるので、
学校側に十分に確認してもらう必要がある。

このサイトを見ていて「?」と思ったのは、
「朝医」と「傣医」という区分を設けました、という一文だ。
今までは蒙医、蔵医という区分はあったけれど、これっていったい…。
朝というからには「朝鮮族」傣というからには「傣族」なんだろうなー。
少数民族に伝わる医術を大事にしましょうということなのやら。
これはちょっと調べてみなくては。

このサイトの下の方に「この注意書きを見ろ」というファイルがあるので見てみたら、
申し込みにはどんな書類を用意すればいいかが書いてある。
あらまあ、去年まではめちゃ不親切だったのに。
一体どうした。アタシたちが文句たれたからか?
去年はなかった「本年卒業の大学院生」が提出する書類まで添付してあるじゃん。

うちの病院に来てる子たち、今年はたらいまわしされないといいけどね〜。
さてアタシもいろいろ準備しなくちゃだなー。
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 22:06
comments(1), -, pookmark
もうすぐ報名
 資格試験が終わり、こちらに引っ越してきたバタバタですっかり日記の更新をしていなかった。
学校のカリキュラムや、様々なことが私の在学中と違うので、
あまり役に立たないかもしれないが、参考程度に読んでおいてもらえたら、と思う。

資格を取ってもそれが使えないようになって、
韓国人学生が減ったと聞いているし、本科卒業の時点で受験できて、
大陸でも使えるらしい香港の中医師の資格試験を受けようという人たちも増えている。
それについてはまた書いておくけれど、まずはこちらの試験。

そろそろ3月なので、今年の試験の申し込みが始まる。
去年は2月の終わりに誰からともなく申し込みの話が出始めて、
平板電脳持ってる子たちがその場で取りまとめをするサイトにアクセスして
「お姐さん、ここから申し込むんですよ」と教えてくれた。
私は、その前にテレビのニュースの下に流れるテロップで報名開始、のことを知ったのだが、
具体的にこうやって見せてもらえるのはありがたい。便利だわ平板電脳。

報名の時に必要なのはこのサイト、
国家医学考试网http://www.nmec.org.cn/

このサイトの左上に
申し込みをするボタンがあるのでここをクリックして記入、
写真を取り込んで送信して、まず第一段階。
次に、これを印刷して他の書類と一緒に青海路の取りまとめをしている場所に
持って行き、受験料を払う、これが第二段階。

上海卫生http://www.smhb.gov.cnの管理业务→ 医政管理→ 工作动态から
スケジュールを確認して青海路の申し込みに行く。

写真を撮った時に、身分証の番号を入れてもらわなくてはならないなど、
小さい注意事項がいろいろあったはずだ。

たぶん、実習先の病院ごとに担当の老師がいて指示してくれるはずだが、
私が行っていた病院は、担当者が最悪なので、ある程度自分で把握しておかないと
私たちのようにものすごいアップセットの連続になる。

青海路の申し込みは、受験区分によって申し込みの日時が違う。
中医の区分は何日、普通の西医の区分は何日、歯科医は何日、と決められているので、
それ以外の日に行っても受け付けてもらえない。

今年もそろそろ通達が出るころだと思うので、月末になったらチェックするべし。






author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 15:28
comments(0), -, pookmark
やっぱりくーるくーる
JUGEMテーマ:学問・学校
試験が終わって、のんびり。
してみたいものだ。実は試験が終わったら終わったで忙しい。
ここに書いていなかったが、実は去年夫が転勤になり、この1年は別居生活。
結婚してほぼ10年、別居2回。
中国国内で別居というのも日本人では珍しかろう。

7年に上がらず卒業していれば一緒に引っ越しできたのだが、
あと1年残っていたので、夫が「しっかりやりなさい」と別居させてくれたのだ。
ありがたいことだ。無事卒業できて、学位も取れたし、感謝感謝。
で、試験も終わりただ今引っ越し準備中。
いろいろなものを捨てたり人にあげたり中。
試験よりも大変かもしんない。

ところで、試験前には30分に1回は来ていた「試験対策はこちらまで!」というメールが
当然だが試験の後は来なくなった。
が。それでも来るのである。
ただし内容が「試験の点数はまだ出ていません!点数加算希望ならこちらまで」に変わった。
はあ、加算してくれるんですか。そりゃお願いしたいざんすよ。

試験の前に下級生に聞いたら、数万元出せば「あとはお任せコース」なんだそうだ。
替え玉なのか、解答用紙差し替えなのか。
当然正攻法ではないので、ばれたら資格はく奪になるだろうけれど。
まあ、お金がある人はばれないように更にお餅まく〜。
羨ましいことだ。

このメールはいつまで来るんだか。うちみたいな貧乏な家に送っても無駄だよー。

私が今住んでいる部屋は、台湾人の同学が借りたいと言っている。
それは私も望むところなんだけれど、この間家賃を払いに行ったときにそのことを話したら、
「新入生優先だから、希望通りに住めるかどうかわからないよーだ」と言われた。
そのことをご本人に話したら「へーきへーき、ねこちゃんで登録してある名前と電話番号を
僕に書きかえればいいだけの話だから」。
いや…一応ここに入るときに賃貸契約書かかされて、おまけに身元保証人として、
私の先生の名前と連絡先を書かされたから、何がしか手続きがあるはずだけど…。

明日もう一度本人に連絡してみようっと。
引っ越してすぐすんでくれるなら、家財道具を彼に売り渡していけるし、
動かす必要もないからありがたいんだけどね。

この部屋は結構気に入っているのでなんだか立ち去り難い。
ベランダから西の方を見ると、るーぷー大橋も見えるし、
柳老師の補習に行っていたとき、帰りのバスの中から見えた
万博の跡地に建ったビルのネオンサインも見えている。
もう日曜の昼に龍華病院に行くこともないんだなーとか、
一緒に補習に出ていた子たちと会うこともないんだなーとか、考えると
不思議な気持ちになる。

さ、片付けの続きするか。






 
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 23:31
comments(0), -, pookmark
科目の割り振り
JUGEMテーマ:学問・学校

実は私は試験がどんなふうに行われるか、全然知らなかった。
去年試験を受けたクラスメートが「1日目は中医基礎でしょ、中医診断学、中薬に方剤で」「次の日は中外科とか小児科とかで」というふうにしか言っていなかったのと、
今年受験する子たちが「1時間に150問はきついっすよね」と言うので、
受験票に書かれた午前午後とも2時間半の間に、1時間ずつそれぞれの科目で150問ずつ出題されるんだろうと思っていた。
しかしそうすると時間が足りないけど、いいのか?

試験当日になり、去年受験せず今年受験するクラスメートが、
「試験科目の按排、知ってる?」と聞いてきた。
はあ。こっちが聞きたいんですけど。
去年も受験した人がそばにいたので聞いてみても妙に不明確。謎。

そこに、基礎医学院の顔見知りの学生さんがいたので声をかけて聞いてみた。
「1日目は午前中が中医基礎と診断、それに中薬と方剤。
午後は西医の内容と法規と倫理学、明日は午前中が鍼灸と中医内科で、午後はそれ以外」。
なんと明確な。つか、毎年その配分なら、学校の補習の最初に言ってくれって。
確か補習の最初は、一次試験の点数の配分とかそれは聞いている。
まあ、一次突破が最初の目標だからそれは仕方ないとしても、ホント学校側のサポート少なすぎ。

午後は西医の内容なんて知らなかった。昼に家に帰って参考書持ってこなきゃ。

試験は、2時間半で150問だった。なんだ、1時間に150じゃないじゃん。
しかも、4科目で「150問」、科目ごとにまとまって出題される。
内容は上に書いた4科目なのだが、「これは中医内科の範囲では?」というものもある。
ポイントを押さえておけばたぶん点数は取れただろう。
やみくもに問題集をやってもだめなんだなあとだけはわかった。

それはどの科目も同じことで、そんなに難しくはないが、
意外なところに落とし穴がある。私はその落とし穴にはまりまくりだ。
ううむ、これもやっておかなくちゃいけなかったのか、って感じ。

初日の午前は結構みんな早く余って時間を持て余していたふうだったが、
午後以降は私は時間がきつきつだった。
最初の1時間までは「ああ、やっと1時間か」と思うのだが、
そこから先、油断しているとあっという間に時間が経つ。げげ、あと15分??

試験はマークシート方式で、受験票の注意事項に
「2Bの鉛筆を用意すること」と書いてあるので、買い物のついでに買って来ておいた。
「受験用セット」なるものまであり、鉛筆2本と消しゴム、鉛筆削りがセットになっている。
私はひとまず6本入りのを買ったんだけど、試験終わったら使わないからなあ。
来年受験する子たちにあげよう。
しかし、合格してたら「幸運の2B鉛筆」になるけど不合格なら「不合格鉛筆」でいらないって言われるだろうなあ。

解答用紙の上部には名前や受験地、受験会場を書く欄と、受験番号、テストの問題用紙に書かれた「識別番号」を塗りつぶす欄がある。
塗りつぶす欄の上部に受験番号を書く箇所があり、試験監督の先生が「番号もきちんと書くように」とチェックしてくれる。
去年、ここを書かなかった先輩がいて、不合格になったと聞いている。
解答欄の上の部分にも署名欄があり、問題用紙の表紙にも名前と受験番号を書く。
1ページ目の上には、名前と「識別番号」を書かなくてはならない。
問題用紙の表紙には「この線から切り離すこと」という表示があって、
切り離したものは監督の先生が回収する。
と同時に、試験を受けてますという証明の署名をする紙を渡されてそこに署名。

試験以外にもいろいろ手続きが山盛りだ。
替え玉受験やカンニングが多い国だからしょうがないんだろうけど。

ともあれ終わったことにお疲れさん。
これでいったん勉強は終わるけれど、この業界、死ぬまで勉強なので、
私もこれが新しいスタートだと思っている。

それよりまずは引っ越しの準備をしないと。とほほ。
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 22:43
comments(1), -, pookmark
激励
JUGEMテーマ:学問・学校
とうとう試験の日になった。
やってもやっても、前に復習したことが頭に入ってこない。
ああ、これが年をとるっちゅーことだわね、と言いながらまた机に向かって問題集と格闘。
同じ問題を完ぺきにできるまでやる、で、ポイントを書き出して覚える。
他の子たちはどんなふうに勉強しているんだろう?

まあそれはさておき試験当日。
緊張すると腹が痛くなるわたくし。
またしてもお腹が壊れ朝からトイレを数往復。
8時になったので家を出ると、隣の棟からクラスメートのハジョン登場。
学校までいろいろな話をしながら一緒に歩く。

学校に着くと、受験生てんこ盛り。
教室の按排は6号楼の前にある電光掲示板に表示されるらしく、
みんなその前で自分の教室が表示されるのを待っている。
あれ?見たことある顔が。
元クラスメートのトンビン兄さんじゃないの。
兄さんのそばには韓国人の子たちが特設コーナーを作っている模様。
何かと思ったら兄さんが「お菓子どうぞ!水も持って行ってね。あ、それからこれも」と
お菓子、ミネラルウォーター、リポビタンDの激励セットを渡してくれた。
え、これは韓国人学生さんのためのものでしょうよ?

と、お断りすると「いいのいいの、みんな同じ受験生なんだから。頑張ってね」。
ありがたいことだ。在校生の韓国人の子たちも「お姐さん頑張ってください〜」。
お菓子には一つ一つハングルか中国語で「満点取れますように!」と書いてある。
結構な数を準備しただろうから、その手間だってかかっただろうに。
彼らはイベントがあるたびに学生会でも韓国人のためにサポート活動をしている。

「ありがとう!アタシ頑張るよ!」というと、トンビン兄さんが
「お昼ごはんも用意してありますから、留学生楼に来てくださいね」。
あらまあ、至れり尽くせり。便乗させてもらえてありがたいことだ。

私は33番受験場、10号楼の208教室だ。
ここでハジョンや他のクラスメートと別れて教室へ向かう。
さてどうなることやら。



 
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 22:07
comments(0), -, pookmark
くーるくーる
JUGEMテーマ:学問・学校

いやいや、来るもんだ。びっくり。

先週まで日本に用があって出かけていたので、試験勉強もほとんどできず、
帰って来ても暑くてほとんどできず。結局ほとんどできず。
大丈夫か??って突っ込みはさておき、
こちらに戻って来て驚いたのは「医師資格試験問題あります!」「試験の合格ならお任せください!」てな
コマーシャルのメールが毎日山のように来ること。
私がいない間も携帯にたくさん来ていたようで、電源いれた途端に着信音鳴りっぱなし。

こういうのは一応携帯の番号からにはなっているが、
送りつけるシステムがあるようで、送信元の電話と、
「今すぐこの先生にお電話を!」と書かれている先の番号が違う。
ご丁寧にQQの番号まで書いてある。

うーん、このままでは全然間に合わない私はこういうところに連絡したらいいんだろうか。
今日も外来に出ているときに「今年の資格試験対策講座に興味ありますか?」って電話来たし。
まあ、話のタネになるから値段次第ではこういう人に連絡してもいいかもね。
糞の役にも立たなかったらまたネタになるし〜フフフ。

そういえば、今年一緒に試験を受けた去年不合格だったお姐さん、
よく図書館で勉強してたけど、他人の学生証つかって図書館入ってたなあ。
私も院生の先輩に借りておけばよかった。
別に顔写真チェックもないだろうし。
まあ、アタシは図書館の先生方に顔が知られているからちょっとやばいかな。

一次試験合格者には図書館で勉強できるようにまた図書館証を、とか言ってたけど、
夏休みだって理由で全然手続きやらないだろうな。
今年の試験は9月の8,9なんだから新学期始まってからじゃ遅いんだよ!!

試験どころではないトラブル続き。
まずはそれが解決してくれないと困っちゃうよ。とほほ。



 
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 21:33
comments(2), -, pookmark
技能試験、終了
JUGEMテーマ:学問・学校
今日のキーワードを上げるなら「惨敗」。
いろいろ準備してきたつもりだったけれど、意外なところに落とし穴があった。
来年は受験の要綱が変わるので、内容は変わってくるけれど、
参考のためにどんなふうだったか書いておくことに。

私たち曙光医院の実習者の受験会場は「龍華医院」。
「市中医医院」と聞いていたので、がっかりというかなんというか。
以前からの評判では、学生に対して一番厳しいのは「龍華」で、
一番ゆるいのは「市中医」。
市中医に行くことになったクラスメートが飛び上がって万歳したほどだ。

試験は8時からと1時からの2グループに分かれ、
その中でも受験番号によって、3グループに分けられる。
龍華医院は、受験会場は7階の門診部と、遠志楼の2階の報告庁で、
まずはみんな7階に集合。
受験番号ごとに、どの試験から始めるか分けられる。
私は最初のグループの終わりの方の番号だったので、1→2→3の順。
後ろの方の学生さんたちは3→1→2の順、真ん中は2→3→1の順。

1から始める学生さんたちは、みなそろって遠志楼に移動。
縦に並んで座り、問題用紙をもらう。
あんまり注意していなかった問題が出て大慌て、なのだが、
それ以上に、私は早く朝ごはんを食べすぎて腹が減ってきた。
しまった、直前に何か食べておけばよかった。
こうなると、腹は鳴るわ、頭はボーっとしてくるわで、更に頭が空っぽに。

1時間のテスト時間が終わると、今度はさっきの7階に移動して2の試験。
これは二人組で実技試験をするのだが、
まず片方が中に入り、一人でできる試験をする。
穴位の定位とか、推拿の手法とか。
それが終わると、もう一人が中に呼ばれて、身体検査やら、西医の実技をする。
終わったら、後に呼ばれた方が、問題の書かれた紙を取り、先に終わった人を相手に実技、
相方が出て行ったら、一人でできる試験をする、という具合。

龍華の先生は厳しいうえに態度が悪いと聞いていたが、
私たちを担当してくださった女性の先生は、
「じゃあ、この問題やってね」とやらせるのだが、
私たちの口述が足りないと「ええと、それは1分間に何回かな?」とか
「他にどこを叩けばよかったっけ?」と突っ込んでくれる。
それでも度忘れして、あまりの出来の悪さに倒れそうだった。

私が終わって出てきたときは、他の学生さんたちは3の試験場に移動していた。
3は待合ホールの裏側にある別の門診の部屋で行う。
名前を呼ばれて身分証と受験票のチェックを受け、
問題の紙をくじ引きする。
最後になると変な問題が残るのか、これまたあまり注意していなかった
「中医外科」の問題を引き当てて青ざめるわたくし。
今日はもう運がないなー。

4つ目の問題は何をやってもだめだろうなと思ったので、
「先生、この問題私には無理ですから放棄します」というと、
なかなか親切な先生方で「一言も言わないと点数もらえないから、何でもいいから言いなさい」。
それはありがたいけれど、思い出せんなー。
しどろもどろになって、いくつかの項目を答えたが、
頭に栄養が行かず、血糖値が下がって気分が悪くなってきた。
ああ、なんかもうダメダメじゃんアタシ。

終わって出てきた学生さんたちの話を聞くと、
やはり厳しい先生がおられた模様だが、
言葉の問題がない彼ら彼女らはたぶん大丈夫だろう。

そして、終わってから気がついたのだが、
受験番号はきちんと書いたけれど、名前を書き間違えた模様。
あれー、なんてこと。

今年の受験はいろいろな意味で不利なので、
来年受験することにして見送った人たちもいたらしいけれど、
アタシもそうすればよかったかと帰り道思った。
来年再受験するにはお金がかかる。
準備不足とはいえ、その他のことが足を引っ張ったというのがなんとも悔しいが。
これはもう致し方なしだ。

ああ、明日の卒業式にこんなヤな気分で出るのか。




 
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 22:03
comments(2), -, pookmark
長い1日
JUGEMテーマ:学問・学校
先週の28,29日は資格試験の報名の日だった。つまり申込日。
あらかじめ決められた期間内にwebサイトにアクセスして申し込みし、
その画面を印刷してほかの書類と一緒に資格試験の管理をしている部門に出向き、
そこで本人確認をして、受験料を払う。

前にも書いたように、私たちは必要な書類をどこが用意するかでたらい回しにされ、
ひとまず大陸の学生たちと一緒に書類を出してもらい、報名の日を迎えたのだが−

この「現場申込み」をする場所は、私が毎週水曜に先生の外来に行っている病院の近くにある。
午前の外来が終わったら、午後一番で申込みに行き、午後は学校に戻って、
他の試験の説明会に出なくては、と腹積もりをしていたのだが、
午前中に、一足先に申し込みに行っているクラスメートから電話が。
「お姐さん、今どちらですか?」どちらって…外来に来てるよ。
「今、資格試験の申し込みに来ているんですけどね、さらに実習申請書が必要だって言われて」。なんですと!

結局このクラスメートが学校に戻り、話をしてくれることになった。
昼にメールが来て「やはりこの書類が必要だそうなので取りに来てくださいって。
で、この件をほかのクラスメートたちに連絡してください」。
あららら、なんてことだ。今日は昼前に行けたら申し込みに行って、
午後から別の用事があるから、と思っていたのに。

地下鉄の中で携帯を見ると学校からメールが
「緊急連絡!05級7年制の学生は必要書類を取りに来るように!」
ううむ、これはタッチアンドゴーで申込みに来なくてはならない。
明日は午後から先生の外来なのだ。午前中申し込みに行って間に合うとは限らない。
冷や汗かきながら事務室に行くと、3枚一組の用紙を書くように言われる。
いったいどういうことなんでしょう?と尋ねると、
「昨日急にこの用紙が必要だって連絡が来て」。
おい、昨日連絡がきたなら昨日のうちにアタシらに連絡してくれって。
私たちの準備する書類が不備だと怒りまくる先生も、自分たちのミスなので全く静かだ。

院生の先輩たちも、午前中に行って戻ってきたのか、
苦情を言いに来ている。そりゃそうだろう。
そこに岳陽に行っているハジョンとあられちゃんがやってきて、
私が書いたものを見ながら同じように書いている。
で、書き終わると「じゃ、明日書類取りに来て」。へ?明日?
「だって、ほかの学生が来てないから書類集まらないし」。
って、また自分のことしか考えない発言かい。

結局私とハジョンは「明日は外来があって申し込みに行けない」と言って、
ひとまずここにいる3人分のハンコをハンコ担当部署にもらうことになった。
それを持ってまた地下鉄に乗り「間に合うかしら??」というハジョンと一緒に申し込みに。
去年受験したクラスメートが「ものすごーーーーく並んでる」と言っていたので、
覚悟していったのだが、午後の遅い時間だったからか私たちの前に10人ほど並んでいるだけだった。

まずは1階右手の部屋で書類のチェックと受付。
そこでさっき書いた申請書の2枚目のコピーが必要になり、外でコピーして来いと言われ。
私の書類を受け付けた担当のおじさんは、私の前に受け付けたあんちゃんに対して
「この卒業年度じゃ受験できないよ。」てなことを大声で言っていたので、
ああ、アタシも日本人だからってなんか言われたらヤだなあ、と思っていたら、
そういうことはなくて、コピーやの場所の説明にしても、そのあともどってきてからも
私とハジョンに対してはいろいろ親切に教えてもらえてありがたかった。

書類を受け付けてもらったら、それを持って3階へ受験料の支払い。
ここもかなり並んでいる。
二人でいろいろおしゃべりをしながら待つことしばし。
受験料を払ったら、1階左の部屋へ行き、そこで申請書の内容の確認とサイン。
これで申込みは終了。あとは明日は今日書いた申請書3枚を学校に返しに行くだけだ。

長い1日だった。
帰りの地下鉄の中では二人とも行きの時のようなおしゃべりもできなかった。

author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 22:31
comments(0), -, pookmark
一発勝負
JUGEMテーマ:学問・学校

すっかりご無沙汰してしまっている。
ただ今論文の追い込み中。
と同時に資格試験の準備中。

学校や病院が資格試験のための補修をやってくれるので、
ひとまずそれに出てはいるが、授業中は「なるほどー!」と思うのだが、
教室を出て3歩歩くともう忘れている。ダメじゃん、アタシ。

しかし、それよりダメなのが申し込みのために必要な書類いろいろ。
これは私たちが準備するものではないので、学校なり病院なり、しかるべきところから
もらわなくてはならないのだが、どこに問い合わせても「自分たちが用意するのではない」。
去年卒業した本科の同学たちは病院がいろいろ用意するようなのだが、
私たちはあちこちたらいまわしだ。

それでも、私は図書館のコピーやで申込書を打ち出しているとき、
龍華医院の院生のおねえちゃんに出くわして、彼女の持っている「申し込みの手引き」を
コピーさせてもらったからいろいろなあらましがわかるのだが、
ほかのクラスメートもわからないことだらけで困っている様子。

去年も同じように7年制の留学生が資格試験を受けたはずなのに、
その時のノウハウが全然生かされていないっていうのも…。

今日は午後から同学たちと集って「人力資源部」という人事担当の部署に行き、
いったいどうしたらいいのかを聞きに行った。
その時に、「申し込みの手引き」を持っていったら、担当の老師が
「これどうしたの?コピーさせて」。ううむむ。

結局、私たちの分は来週までに用意して渡すとかなんとかいうことになったが、
その時に一緒に行ったうにちゃんが「去年不合格だった同学の分の書類が欲しいんですが」
と言い出して、私も気になったので聞いてみた。

「ねえねえ、今年不合格だったら来年受けられるの?」

うにちゃん曰く「それは本科生だけだよ。僕たちは1回だけ」。なんですと!
てことは一発勝負なわけ??

ああ、おばちゃん、もう放棄したくなってきた。

 
author:ねこじゃ, category:しかくしけん, 16:46
comments(2), -, pookmark