RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
鍼灸科実習1日目
JUGEMテーマ:学問・学校
今日から12月。今年もあと1ヶ月か。
この月が終われば実習も半分終わったことになる。
同じ学年の、もう卒業してるクラスメートに会って話をしたときに、
「2年なんてあっという間だよ」と言われたけれど、
この半年弱はホント長かったな〜って感じ。

さて、今月は鍼灸科実習。
昨日のうちに担当の先生のところに挨拶に行っておいた。
ちょうど下級生のラナちゃんたちがいたので、「先生、明日からは彼女が来ますから」
と言ってくれた。なんてありがたい。
おまけに「彼女はひとりで来ますから」。 
ありがたいわー。私が一人になったいきさつをよく知る一人だしね。

初日、午前も午後も専家門診。お二人とも李姓の上海人のおいちゃん。
タイプは違うが、それぞれ患者さんがたくさん来ていた。

午前の李国安老師に「今月ここでお世話になるものですが」と挨拶をすると
「ふーん、アンタどこの人?日本人?何で中医の勉強しようと思ったわけ」と軽くジャブ。
「なんで?」と言われるとそこからが長くなるのがわたくし。
老師は私の話を聞いてふんふんとうなづきながら患者さんに針を打っていく。

怖いおいちゃんかな〜と思ったが、この年代の上海人の殿方によくいるようなおっちゃんだった。
この年代のおいちゃん、岳陽の張老師もそうだけれど、
患者さんたちと接する態度が柔らかくて、会話にセンスがあってなんともいいのである。
李国老師が膝の関節炎の男性の患者さんに針を打ちながら
「この患者は膝の炎症でね。腫れてるでしょ、表面温度も片方に比べて高いし」うんうん。
「何でこうなるかわかる?」え…なんでって、関節炎の理由?腫れて熱を持ってるから…と考えていると
「この患者さんはね〜昔、脂肪肝だったんだよ〜。それが治ったら脂肪がここに来ちゃって〜」。
患者さんも付き添いで来てる人も大笑い。おいおい、そんな原因って…。

私も冗談だとは思いつつ「なるほど〜。じゃあ、昔はお腹が五花肉で、今は膝が五花肉ですか〜」。
五花肉というのはばら肉のこと。脂のってまっせ〜。

午後の李鼎老師は、お弟子さんをぞろぞろ引き連れて登場。
その間、普通門診の王老師のところにも患者さんは来る。
李老師の専家外来は早々に終了したが、最後のほうにきた普通門診の患者さんが
針を打たれて留針している間に、王老師が「じゃあ、あと吸い玉して終わってね」。
うーむ、今月も10月同様のハードな毎日になりそうだなあ。
土曜も来いって言われてるし…。

先月まるまる更新しなかったので、いろいろな方から「大丈夫か?」「生きてるか?」との
問い合わせをいただいた。
おまけに先月はこちらで大きな火事もあったので、その心配までしていただいて。
ありがたいことだと思う。応援して、見守ってくださる方がいるのは何よりの励み。

おかげさまで生きてはいるけれど、10月の婦人科のハードワークがたたって死に掛けてますわ。
この世でまだやることがあるみたいで死なないけどね〜。

先月の中医外科のあれこれは、おいおいアップするのでこまめにチェックぷりーず。
author:ねこじゃ, category:じっしゅう, 19:06
comments(2), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:06
-, -, pookmark
Comment
今晩は。
ブログの更新が無かったので、お忙しいのかなと思っていたら、本当に大変だったのですね。
こちらは、相変わらずこまねずみのように働いています(笑)。
だんだん寒くなってきましたので、ご自愛ください。
新しい実習先での学びがより良いものになりますように。
まー君, 2010/12/04 8:02 PM
ちょっと心配してました(笑)
UP楽しみにしてます!
mamiko, 2010/12/04 9:23 PM