RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
減肥鍼灸
JUGEMテーマ:学問・学校

今日の外来の劉老師。
以前、アフリカに行かされていたことがあるそうで、
フランス語も英語も堪能。
この間もフランス人の患者さんが来て、
とってもトレビアーンなフランス語を話されてましたわ。

彼女のところには減肥鍼灸の人たちが来る。
つまりダイエット鍼ですな。
おへそを中心に、上下左右の穴位(ツボですな)に針を打ち、
特定の穴位に電気をかけて筋肉を動かす。

この電気をかける穴位が先生によって違う。
なので、今日の患者さんには劉老師のオリジナル穴位、
他の先生は他の先生のオリジナル穴位に電気をかける。

効果の程はと言うと「人それぞれ」なんだそう。
早い人は1ヶ月から3ヶ月で、1年ぐらいかかる人もいるんだって。

日本だとどういう風にするんでしょ。

火曜日の李老師という女性の老師の日には、顔に針を打つおねいちゃんが来る。
しわ取りでもしてるのかと思ったら、「シミがあるからよ」。
へー。そんなことにも使えるんだ。
私が「先生、目の下のしわ取りにもつかますかねえ?」と聞くと、
「顔用の鍼を買って自分でやってみれば?」

げげ…もっとひどくなったら悲惨じゃん。

2週間もいると、患者さんの顔もわかってくる。
向こうから「ねこ医生〜」と声をかけてくれたり。
嬉しいことだ。
今日はいつもの風船おばちゃんがいないので、
どうしたのかと思ったら、劉老師曰く
「もうすぐ冬至でしょ。こっちは冬至に掃墓行くから、あのおばちゃんも今里帰り中なのよ」。
そうだったんだ。そういえば先週そんなこと言ってたなあ。
「来週は里帰りで」てなことが聞こえてたけどそういうことやったんや。

劉老師についている学生のレンレンちゃんが、
「おばちゃんが心配なの?」。
「うん、具合でも悪いのかと思っちゃった」。
彼女はもうだいぶ長いこと劉老師にかかっているのだが、
来た当初はかなり具合が悪かったのだそうだ
今日3時間ほど来た研修のお医者に「針の効果」について説明していた時、
彼女のことを例に出していた。

来週、2回彼女に会ったら、しばらくは顔をあわせることもないんだなあと思うと、
なんだか寂しい気持ちになる。
声をかけてくれる患者さんも同じく。
あと2週間、心をこめて患者さんたちに接していきたいものだ。

author:ねこじゃ, category:じっしゅう, 13:41
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:41
-, -, pookmark
Comment