RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
今日は実験の日
今日は中薬、生理、免疫の授業。
中薬2節のあと、生理学の実験。
今日はカエルの心臓を取り出して、拍動点の確認と、
電気刺激を与えたり、生理食塩水を心臓に与えた時の心電図を見たり。

前回、カナダ華僑のスン、台湾人のアーロン、それにフーさんと私という
実験のグループだったのだが、今日はそこにミンミンとチャオチャオが加わり、
6人一組で実験をやったのでなかなか手際よく終わってしまった。

まずは前回同様、老師がカエルのさばき方から、
実験に使う心臓のセットまで、一通りやって見せたあと、
「はい、じゃああなたたちやってみて」となる。
ウチのグループは、さばくのはスンに任せて
私たちは周りでお手伝い。

カエルは小ぶりのがまがえるを使う。
4号楼の2階の「機能実験室」でやるのだが、
深い流しの中でかえるたちがキーキー言っていた。
まずはおでこの上のほうに千枚通しみたいなのを刺して
中枢神経を壊す。かえるの足がだらりと下がったら、
台に固定して、腹の皮をつまんではさみを入れ、
バンザイしている腕のほうに向ってY字に切り込む。
胸骨を切るとその下で心臓が動いている。

この拍動を見ると生きているってすごいことなんだなと思う。
こんなことにいちいち感動すんな、ってプロの方には言われるだろうが、
こういう感動って素人には大事だと思うんだよね。
学校の授業で見せたらいいのにと思う。

取り出した心臓が動き続けるように細工をして、
(任氏液、リンガー液とか言う液体を入れっぱなしにする)
電極にセットし、そこにかえる用生理食塩水を入れたり、
カリウム溶液を入れたりして、拍動のグラフを見るのだが−

腎上腺素(副腎皮質ホルモン)を入れたら一気に拍動の幅が上がった。
みんなで「おおーコリャすごい」とパソコンの画面に出る波形に見入った。
次はアセチルコリンを加えたら波形が一直線になってしまった。
「わー、心臓止まっちゃった」「強心剤強心剤、早くー」
心拍数を調節するホルモンは何か、授業でわからなくても
この実験で一発でわかってしまった。事実に勝るもの無し。

私たちのグループは早めに実験が終わってしまったので、
まだ終わらない他のグループの実験を覗いたり、
心臓を取り出されてのびているかえるの内臓をチェックしたり。
「これは肝臓よね」「胆嚢ってホント緑色なのね」
かえるの腹には黒いものがごにょごにょとつまっていて、
一体なんだかわからなかったが、それをどけないと内臓が見られないので、切って捨てる。

かえるの腹にはほそーい腸がくねくねと折りたたまれて入っていたし、
肝臓は意外と大きかった。なにやら詰まった管は老師に聞いたら
「それは子宮、そこに繋がっているのは輸卵管」と言われたが、
スンも私もなんだか納得がいかず「これがそうなの??」「腸じゃないの?」。

ああ、生きているってすごいことだわ。
たとえは悪いけど、まさに宝石箱。
生きていることを維持するために、どれが欠けても成り立たない。
それが健康に、となったらまたすごいことだと思うわけ。

こういうことをきちんと教えられる教師が今どれだけいるんだろう。
日本ではいじめによる子供の自殺が増えているのに、
教師や教育委員会の対応がひどいもので、
お上が来週をいじめ問題対象ウィークにするらしいけど、
それが終わったらまた元に戻っちゃうんじゃないのかな。

命を大切にする、このシンプルなことを
誰も子供に教えていないから、こんな世の中になるんじゃないかねえー。
誰か何とかしろ。
author:ねこじゃ, category:がっこう, 19:18
comments(2), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:18
-, -, pookmark
Comment
がまちゃんの貴重な命が、科学に貢献したのですね(ホロリ)

それにしても学校のニュースを見るにつけ不安になります。
いじめを認めると、認めた先生の評価が落ち、そういう先生の監督責任として校長が更迭されたりするらしいね。
それでいじめの発生したクラス担任はなんと職員室でいじめの対象となる…これでは日本の学校からいじめがなくなるわけないじゃないか。
我が子よ…強く生きろ。(うまく立ち回れ、の世界かと思うと情けないね)
PINGE, 2006/10/21 11:19 PM
そうなの、がまちゃんありがとうって感じよ。
最初に老師が見本でやってみてくれたがまちゃんは、
中枢神経に一撃食らわされてその瞬間失禁してました。
前回は足の神経で実験だったし。

今日、夕方に週刊こどもニュースを見ましたが、
そこでもいじめ問題を取り上げていましたよ。
昔、クラスに1人は必ず正義の味方がいたもんだけど、
今は悪人しかいないってことなのかしらね。教師も含めて。

日本人に事なかれ主義が広がっているのは怖いことです。
正義のない国になってますからね。
美しい国どころじゃないよ、あべしんぞう。

でもさー、私が仙台に転校してきたときの担任も、
ひどいもんだったよ。率先して浅田君っていう子をいじめてた。
私も、この先生にはひどい目に遭わされたので嫌いです。
よくぐれなかったもんだ(笑)。
親も子供も先生も三者三様に問題ありの日本社会だなあと思うのでした。
もう、私たちが変えていくしかないざんすよ。


猫姐, 2006/10/22 12:10 AM









Trackback
url: http://nekoeveryday.jugem.jp/trackback/271
アセチルコリンについて
アセチルコリンアセチルコリン(Acetylcholine,ACh)は神経伝達物質であり、副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激をある種のシナプスを通して伝える役目を果たしている。コリンの酢酸エステル化合物。化学式は CH3COOCH2CH2N+(CH3)3。骨格筋や心筋、内臓
さまざまな医薬品, 2007/06/17 12:57 PM